お知らせ

【プロが教える】薄毛男性でも似合うカッコイイ髪型


髪をカットしたいんだけど、

恥ずかしながら薄毛

そんな男性が増えています。

 

 

 

中には,

薄毛であることを自覚していない男性で,

 

 

 

特に横(サイド)部分は毛が多く、

上のほうが薄くなっているにも関わらず、

「オレ毛が多いから」とか、勘違いしている・・・

 

 

 

そんな方に限って

シャンプーを毎日していない・・・

 

 

 

結果 毛根が詰まって異臭を放ち、

あげく

抜け毛を増長する 負のスパイラル。

 

 

 

髪の毛が少ない薄毛を自覚している男性の中にも

 

 

 

シャンプーしたら毛が抜けて心配、

抜けるのが怖いとか

抜けたらもったいないなど

 

 

 

バリバリの 負の連鎖 という男性も

かなり多いです。

 

 

 

髪型で絶対に避けておきたいのが・・・長髪(ロン毛)です!

「いやいや、髪を伸ばした方が薄毛を隠せるやん?」と

思われたかもしれませんが、

 

 

 

髪を伸ばすほど、

全体の髪の少なさが強調されやすくなるので、

逆に薄毛が目立ってしまいます。

 

 

 

前から見て隠れているように見える髪型も、

他の角度からは

自然さが目立ったり

余計に違和感を与えて、

 

 

 

薄毛を強調されて

目立ってしまいます。

 

 

 

長髪(ロン毛)だと分け目を作る必要があったり、

髪の黒さと地肌の色のコントラストの影響から、

スカスカに見えてしまうことになるのです。

 

 

 

長髪(ロン毛)には

このような致命的な弱点があるので、

 

 

髪型は断然 短髪(ショートヘア)にするのがベストです!

薄毛を自覚している方で

一生懸命に”あーだこーだ”と悩んで

 

 

 

分け目を変えたりして

必死でごまかしているのに、

 

 

 

わざわざ美容室 床屋(バーバー)に

薄毛を見せに行きたくないというのが本音ですよね。

 

 

 

シャンプー後なんかは特に気になってしまいます。

でも、自分でカットするのはとっても難しい!

 

 

 

まずは勇気を出して美容室・床屋(バーバー)に行こう!

自分で散髪は限界があるので、

やはり美容室や床屋(バーバー)には行かなきゃいけないですよね。

 

 

 

普段、隠している薄毛を、

美容師や理容師に間近でまじまじと見られてしまったときに

恥ずかしい!拷問か!と叫びたくなります。

 

 

 

ましてや

スタッフが可愛い女の子であればなおさら!

 

 

 

「この人薄毛やん」 「かわいそー」 「ハゲやん!」 なんて、

思われているんじゃないかって、

心配ですよね。

 

 

 

髪薄いのに、これ以上切ってどうすねん?

そう思っているんじゃないか?

悪い方に想像は膨らみます。

 

 

 

しかし、美容室や床屋(バーバー)でしっかり薄毛を相談した方がいい!

 

ここは一つ、

勇気を出して行ってみましょう。

 

 

 

何故ならば美容師・理容師は、

「髪のプロ」。

 

 

 

その人の髪質、量、スタイル等を見極めて、

似合う髪型を考えてくれます。

 

 

 

薄毛でも、

それをうまくごまかす髪型もよく知っていますよ。

 

 

 

薄毛の人は世の中、

たくさんいます。

 

 

 

美容師・理容師は

たくさん薄毛・猫毛の人を見ていますし、

 

 

薄毛が一般的であることを知っています。

 

 

 

恥ずかしいことはないのです。

 

 

 

美容師や理容師に髪型を頼む時のポイント!

では、

実際に髪型のオーダーをしてみましょう。

 

 

 

新しい自分へ、あと少しです!

 

 

 

短髪(ショートヘア)にしてもらう!

 

 

 

まずは

(理想の自分とか自分の趣味・嗜好・仕事内容)など

 

 

 

例えば、学生で部活はサッカーしてます。

とか

 

 

 

サラリーマンで普段はスーツ、

オフはアニメDVD鑑賞が趣味

とか

 

 

 

ライフスタイル

を伝えましょう。

 

 

 

美容師・理容師の方が

カウンセリングする時に、

最低限の情報を伝えて下さい

 

 

 

ライフスタイルから

貴方にあった

髪型を

提案してくれます。

 

 

 

そして

TPOに合わせ、

仕事の時はこのように、

オフはこのように、

 

 

 

などセットの仕方も

アドバイスしてくれます。

 

 

 

あと

外見的に”俳優の誰みたいになりたい”

とか

 

 

 

自分のなりたい願望を

自己アピールしてください。

 

 

 

そしてオーダーは「短髪」(ショートヘア)でお願いします。

 

 

 

※オーダーには短髪男子というヘアカタログがオススメ!

 

 

 

その中には

自分に合う髪型が

必ずあります。

 

 

 

技術的に

できるかできないかは

その美容師・理容師次第ですが、

 

 

 

親身になって

相談に乗ってくれる

そんなプロを選んでください。

 

 

 

短髪男子はモテます!

 

 

 

短髪男子専門の雑誌もあれば

短髪専門美容室もあるぐらいですから!

 

 

 

短髪(ショートヘア)は、

爽やか、

清潔感たっぷり、

活発に見える。

 

 

 

そんなイメージがあり、

 

 

 

女性受けもいい

 

 

 

横(サイド)を短くしてもらう、

 

 

 

おそらく、

つむじや生え際が

薄くなってきた人が多いと思います。

 

 

 

なので、

横(サイド)はフサフサだったりしませんか?

 

 

 

そのフサフサな横(サイド)、

これが

薄毛が強調される要因です!

 

 

 

てっぺんが薄く、

横(サイド)がフサフサ。

 

 

 

髪のボリュームが

バラバラですよね。

 

 

 

てっぺんの薄さが際立っちゃうんです。

 

 

 

なので、

横(サイド)は

短くしてもらうのが大切です。

 

 

 

そうすることで、

全体のシルエットが

横長から縦長にチェンジ!

 

 

 

すっきりと見せることができます。

 

 

 

セットの仕方を教えてもらう!

 

 

 

カットが終わったら、

「スタイリング剤はつけますか?」

と聞かれると思います。

 

 

 

必ずお願いしましょう。

 

 

 

そして、

つけ方、

ボリュームの出し方、

ドライヤーでの乾かし方等、

しっかり聞いておきましょう。

 

 

 

もちろん

TPOによる

スタイリング剤の使い分け

 

 

 

とか

つけ方

などもしっかり聞きましょう!

 

 

 

スタイリング剤の使い分けをしている

 

それだけでも

できる男

に見え

かなり印象が変わります。

 

 

 

せっかく似合う髪型に

カットされてても、

セット次第で、

台無しに、

 

 

 

ぺちゃんこの

髪になってしまいます。

 

 

 

そうすると、

薄毛がまた目立ってしまいますよね。

 

 

 

わからないことは

どんどん質問しておきましょう。

 

 

 

NGなこととは?

美容室・床屋(バーバー)へ行った時、

薄毛で悩んでなんかいないよ”という

そぶりをする事

 

 

 

美容師さんも気を使ってしまい、

薄毛にいい髪型や、

対策などの情報を

 

 

 

伝えてあげたいけど

伝えられない

ということがあります。

 

 

 

最初は恥ずかしいかもしれませんが、

相談した方がいいです。

 

 

 

薄毛だということを

隠さないで

 

 

 

ちゃんと言おう!

 

 

 

そしたら親身になってくれますから、

 

 

 

だってプロなんだから!

 

 

 

あと毛髪診断士の私から

薄毛

今からでも大丈夫

 

 

 

ケアの仕方で

抜け毛がストップ

から毛根復活

可能性もあります。

 

 

 

次のブログも好ご期待!