お知らせ

あの時代にはどんな髪型が流行したの!?


ヘアスタイルは時代を映す鏡 約半世紀の間に、ヘアスタイルは大きな変貌を遂げてきました。

社会の動きと共にヘアスタイルの流行の変遷を追う、保存版グラフィティ。より 50’s 「ショートヘアの流行」を紹介します。

いわゆる「電髪」からコールドパーマへの移行が始まった50年代。
ファッションにもナイロンなどの新素材が取り入れられ、おしゃれの幅も徐々に広がっていきます。
映画 「君の名は」の真知子巻や、「ローマの休日」のショートヘアなど、映画やテレビ発の流行が起こり始めたのもこの時代。
特に、ジーン・セバーグの「セシル・カット」はセンセーショナルな流行を巻き起こしました。
一方で「ロマンスライン」「水鳥ライン」など洋装にも和装にもアレンジしやすいスタイルも流行。
女性のヘアスタイルの定番となります。

1954年夏には、ヘップバーンカットが流行しました。
フロントは、毛先をそったストレートバングにしサイドの毛はバックのほうにぴったりと流し、バックはえり足いっぱいにカットする。
オードリーヘップバーンの髪型をまねた事からヘップバーンカットと呼ばれます。当時の日本では大流行しました。

ここからは当時の流行を一気に紹介します。
ページボーイスタイル
ページボーイスタイルとは内巻きになったヘアスタイルのことで、中世ヨーロッパの貴族に仕えていた小姓(ページボーイ)の髪型に由来し、ページボーイボブとも呼ばれる。

セシルカット
セシルカットのセシルとは約半世紀前、1957年の映画「悲しみよこんにちは」でヌーベルバーグ女優ジーン・セバーグが演じた主人公の名前です。
当時の女優でヘアスタイルがベリーショートと言うのはかなり斬新で、一躍評判になり、「セシルカット」は世界的に流行しました。

GIカット
GIカットとは、アメリカ兵に多い短髪で、角刈りに似ているヘアスタイルのことをいう。
朝鮮戦争(1950〜53年)以来、日本の若者の間で流行した。角丸刈りやブロースのような髪型をいう。 GIとは、Government Issueの略で、本来は官給品の意味だが、下士官・兵は衣服その他が官給であるところから、アメリカ兵の俗称になった。

ダックテール
米国の影響下1950年代にロカビリーと共に流行した。ダックテールは「アヒルの尻尾」の名前の通り、やや短めにカットした髪をサイドからバックに流し、毛先をカールさせ「アヒルの尻尾」のような飛び跳ねたようになったヘアスタイルです。
慎太郎刈り 少し長めの前髪が額にかかり、脇は短くすっきりと刈り上げられた「慎太郎刈り」。 芥川賞受賞当時の慎太郎さんのヘアスタイルはメディアに取り上げられ、写真や映像を通して瞬く間に日本中に広まって、小説の中の生き様やファッションとともに、若者の流行のひとつとなった。

50年代のできごと
1950年
●朝鮮戦争勃発、日本は特需景気に

1951年
●第1回紅白歌合戦(ラジオ)放送

1953年
●伊東絹子がミス・ユニバースで3位に入賞
●NHKと日本テレビがテレビ放送を開始。街に設置された街頭テレビに人が集まる。

1955年
●美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみの「3人娘」に人気が集まる
●神武景気始まる

1956年
●エルビス・プレスリー「ハート・ブレイク・ホテル」日本発売。ロックンロールブームが日本に上陸
●出版社発の週刊誌「週刊新潮」創刊
●石原慎太郎著「太陽の季節」がベストセラーに

1958年
●第1回日劇ウエスタン・カーニバル開催。平尾昌晃、ミッキー・カーチスらの出演で、ロカビリーがブームに ●地上333メートル、世界1のテレビ塔・東京タワーが完成

1959年
●皇太子殿下と正田美智子さまご成婚。ミッチーブームが起きる。
●小島明子がミス・ユニバース世界1に

60’s
「シザーカットの登場」 ヴィダル・サッスーンがシザーを使ってヘアスタイルを作り出し、一大センセーションを巻き起こした60年代。
それまでの”そぎ”の技術とは全く違う、新しい手法の登場でヘアスタイルの可能性が劇的に広がりました。
また、VANのアイビー・ルックをまとったみゆき族など、日本独自のファッションブームも登場、男性のおしゃれが定着します。
60年代半ばには、ミニスカートが流行し、ミニの女王ツイッギーとその髪型が話題となった。
また、世界を席巻したヒッピーブームが日本にも上陸、多くの若者に受け入れられます。

マッシュルームカット
マッシュルームカット(別名:モップ・トップ、モップ頭)とは、ビートルズが世界的に有名にしたヘアスタイルの名称。
眉毛の上で前髪を切りそろえ、全体をマッシュルームのように膨らませた形になることからこの名前で呼ばれるようになった。

ツイッギーカット
1967年にツイッギーが来日し大流行した。
このシャープなショートカットを手がけたのはその当時、美容師だったあのヴィダル サスーンと言われている。
当時は男性が長髪で女性が短髪というのが当たり前だった。

キスカール
前田美波里さんなどが行っていた髪型。
もみあげ部分がアルファベットの「C」の形をしていた。

アイビーカット
アイビーリーグの大学生の間で流行したヘアスタイル。
七三に分けたショートヘアで前髪を上げて、全体に清潔でスポーティーなイメージがある。
スタイリング剤でタイトに仕上げることがポイントだった。

狼カット
60年代後半にロックミュージシャン系の人たちが好んだ髪型。
当時は、ロッド・スチュワート、キース・リチャードなど、日本では長渕剛さんなどが代表的だった。

60年代のできごと
1960年
●カラーテレビの本格放送が始まる

1961年
●旧ソ連が世界で初めて大気圏外の有人飛行に成功。ガガーリン少佐の「地球は青かった」という言葉が感動を呼ぶ

1962年
●キューバ危機起こる

1963年
●映画「007」シリーズ公開
●米国のJ・Fケネディ大統領が暗殺される

1964年
●東京オリンピック開催
●東海道新幹線開通、東京―新大阪間を約4時間で運行
●海外旅行が自由化となる

1965年
●ベンチャーズやアストロノーツが相次いで来日、エレキギターやモンキーダンスが流行る
●ベトナム戦争悪化、米国で反戦活動が展開され、日本でも反戦気運が高まる

1967年
●ザ・スパイダーズなどのグループサウンズが大人気。男性の長髪も流行

1968年
●ローリングストーンズ、ビージーズなどの海外ロックバンドが人気に

1969年
●米国でウッドストック・ロックフェスティバル開催
●東大安田講堂事件が起こり、学生運動が激化

70’s
「多様化の時代へ」
1970年になるとジャン・ルイ・ダビッドが「クープ・ソバージュ」を発表。
レイヤー+パーマの緩やかなラインがパリの女性を魅了する。
ファッション界ではミニ・ミディ・マキシの3Mやアメリカンカジュアル、フォークロア、ハマトラ、テクノなどジャンルの違うムーブメントが次々と登場。
街を歩く若者のファッションも多様化してくる。
ヘアメイクの技法では、モッズ・ヘアを中心としたアンチ・コワフュールが台頭。
ブラシとハンドドライヤーの熱風でセットするブロッスイング技法が盛んになる。
また、日本人デザイナーが世界にコレクションを発表し、大きな話題を呼んだ。

サーファーカット
サーファーカットは70年代中ごろから日本で大流行したヘアスタイルです。
ロングのハイレイヤースタイルで、全盛期には若い女性の7割くらいはサーファーカットをしていた。
流行の元となったものには諸説あるみたいですが、当時有名なハリウッド女優のファラフォーセットメジャーズのヘアスタイルという説が有力です。

ロングヘア
70年代前半にデビューした南沙織さんの影響でサラサラロングヘアに憧れた。
日本人離れした顔を強調するような額を出したヘアースタイル。ブロマイドの売り上げが2年連続1位を記録するほどの人気だった。

お姫様カット
70年代前半に麻丘めぐみさんが行っていた。ロングヘアのサイドを直角にカットして短い髪をほほのあたりに作っていた。

ハミルカット
76年のインスブルグ冬季オリンピックで見事に金メダルを獲得したフィギュアスケート選手のドロシー・ハミルの髪型をまねたヘアースタイル。

ウルフカット
襟足をロングにしてその毛先にレイヤーを使用して髪の毛をそいだヘアスタイル。
首筋にそって髪の毛の流れが美しいヘアスタイルで、襟足の長さなどによって色々なヘアイメージが表現される。 沢田研二さんや石橋正次さん、志垣太郎さんといった芸能人が取り入れて男性のみならず、女性の間でも人気を博したヘアスタイル。

蘭ちゃんカット
70年代後半にキャンディーズの伊藤蘭さんがしていたロングヘアに軽くパーマをかけて、トップを短くした。
80年代のアイドルヘアの先駆け的な髪型。

健太郎カット
アイロンの熱によるパーマ、パンチパーマが一世風靡した。清水健太郎さんのパンチパーマはオールバックではなく、パーマをかけてからカットし、短髪を前に流すスタイルで散髪屋の雑誌には必ずのっていたくらい流行っていた。

70年代のできごと
1970年
●大阪万国博覧会開催。入場者数6421万人
●よど号ハイジャック事件起こる

1971年
●レッド・ツェッペリン、エルトン・ジョンなどが相次いで来日、フィーバーを起こす。
●ニクソンショック、米国は固定相場制を放棄

1972年
●田中角栄通産相による「日本列島改造論」発表
●日中国交正常化へ
●冬期オリンピック札幌大会開催
●連合赤軍の「浅間山荘事件」起こる

1973年
●オイルショック。トイレットペーパーを求める人で長い列ができる
●フォークソングブームが始まる

1976年
●村上龍の「限りなく透明に近いブルー」がミリオンセラーに

1977年
●映画『スター・ウォーズ』大ヒット
●ピンクレディーの人気沸騰、若者から子供まで魅了

1978年
●成田国際空港が開港 1979年
●ソニーが「ウォークマン」を発表。大人気商品となる

80’s
「ワンレン・ソバージュの隆盛」
バブル景気に乗って、日本中が高級志向へとシフトしていた80年代前半。
ゴージャスなコスチュームにあわせるべく、ヘアスタイルもボリューム感のあるものが流行。
「聖子ちゃんカット」や「サーファーカット」など、レイヤーにブローを施したスタイルが人気を呼んだ。
また、80年代半ばには「ワンレングス」「ソバージュ」とロングスタイルが大流行。<br />
ボディコンシャスなファッションと合わせて「ワンレン・ボディコン」と呼ばれ、女性の定番スタイルとなった。
一方、ショートヘアではバリカンによる刈り上げが登場、斬新な驚きを持って迎えられた。

聖子ちゃんカット
松田聖子さんがデビュー当時(1980年〜1981年の約2年間)にしていた髪型で1980年代前半若い女性の間で流行した。
前髪は眉を隠す程度、サイドとバックは肩下5〜10センチ程度のレイヤードをセンター分けにし、毛先をサイドは後ろ、バックは内側にゆるくカールさせたスタイル。

テクノカット
テクノミュージックという新しい音楽のカテゴリーを作りだしたYMOがしていた髪型。
グラデーションボブのグラデーションの部分を刈り上げたもので、一番の特徴はもみあげを出来るだけ短くする事だった。当時「刈り上げ」をするのは中高年の男性くらいで「カッコ良いヘアスタイル」とは相当遠い距離にあったが、最先端のヘアスタイルとして流行った。

チェッカーズカット
テクノカットよりも前髪部分が長く、ふぞろいにしたスタイル。その後(一時)男性アイドルなどの定番的スタイルとなる。 特にボーカルの藤井フミヤさんの髪型を真似する若者が多くいた。

リーゼント
リーゼントとは、前髪を高く盛り上げて後方へ流し、両横の髪を後方に流してなでつけた髪型。
若者の人気を獲得した横浜銀蠅がしていたことで流行した髪型。 不良やヤンキーが好んでしていてボリュームが大きい方がカッコイイとされていた。

ツーブロック 刈り上げ部分がボブの内側まで入り込んでいて、ボブ部分と刈り上げ部分が2つのブロックに分かれているのでツーブロックカットといった。繋がりのなさをより誇示するもので、刈り上げとワンレングスなどと言った極端な組み合わせが好まれた。
吉田栄作さんのサラサラヘアのツーブロックが人気だった。

ワンレンヘア “ワンレングスカット”の略。ストレートで長めの髪を一定の長さに切り揃えた髪型。
ワンレンはボディコンとともにディスコブームのお立ち台ギャルに好まれたスタイルで『ワンレンボディコン』とワンセットにした言葉も流行した。

トサカ前髪
ワンレンの派生形でトサカのように前髪を立ち上げた髪型。
当時の女性は、前髪を外巻きにカーラーで巻いてそのまま寝て朝出かける前に超ハードミストでしっかり固定していた。
眉毛を太くするのが当時の最先端。

ソバージュ
80年代後半から90年代前半にかけて流行った髪型。毛先から弱く細かいパーマをかけてウェーブをつけた。
当時は毛量調節などのカット技術も無かったのでボリュームがかなり出ていた。

90’s
「自然スタイルの回帰」
90年1月のバブル崩壊により、日本経済は下り坂へ。
それとともにヘア&ファッションもガチガチに固めたゴージャス路線から自然な雰囲気を活かした軽い雰囲気が求めれれるようになる。
90年代前半はボブスタイルが定着。それぞれに個性を加えながら変化していった。
また、90年代半ばには「茶髪」がブームとなり、カラーリングが一般市民にもほぼ定着した。

ロン毛
1990年代に入り、男性の長髪が若者ファッションのひとつとして取り入れられるようになる中でロン毛と呼ばれるようになった。
江口洋介さんや木村拓哉さんの影響で若者が真似した。

メッシュ
女子高生が髪の一部を金または白く脱色した髪型。
黒く焼いた肌と目の周りを白くしたメイクとセットで流行した。ストレートのロングヘアが基本。

おんざ眉毛
前髪を眉毛の上でバッサリと切り揃える髪型のことである。
オンザ眉毛という言葉自体は1990年代前半からあるが、1990年代後半、特異なキャラクターやファッションで人気を博した篠原ともえさんが好んでしたことから広く普及した。

ツイストパーマ
90年代後半に大流行した髪型。
毛束を“ねじりながら”巻きつけていくパーマ。無造作な感じがワイルドで女性受けが良かった。

ワッフルパーマ 波状の溝がついたワッフルアイロンと言う器具でパーマ液を少しつけた後、髪を挟み込んで熱を加えクセをつけるパーマの事で波状のウェーブができる。
PAFFYがこの髪型をしていたことで流行した。

シャギー
毛先をセニングシザーやレザーなどで削いで細かくしたり、ギザギザにして動きを出す技法。
カットしたラインが不揃いとなりラフな雰囲気を作りだせる。
1996年の大ヒットドラマロングバケーションで山口智子さんがしていた。

00’s
「”カリスマ“の登場」 2000年代初頭には女優やモデルを担当する「カリスマ美容師」が話題に。
テレビ番組でも大きく取り上げられ、一大ムーブメントとなる。
また、三つ編みやポイントカラーをヘアスタイルに組み込むエクステンションがショート・ロング問わず流行。
OL世代にはフェミニンで清楚な雰囲気を印象づけるシャギー&レイヤースタイルが定番に。女優の名前をとって「紀香ヘア」「菜々子ヘア」と呼ばれ人気を呼んだ。
一方で、黒髪への回帰の動きも見られ、アジア人ならではの美髪を強調するスタイルも登場。
個性化・多様化の流れはさらに加速してきている。

紀香ヘア
2000年頃は藤原紀香さんのブレイクで人気となった髪型。この頃の現役モデルもショートやボブ、ミディアムヘアばかりだった。

ソフトモヒカン
2002年に日韓共催で行われたFIFAワールドカップでイングランド代表デビッド・ベッカムが当時この髪型をしており、日本国内におけるサッカーフィーバーやベッカムフィーバーとあいまって、この髪型が爆発的な人気となった。
当初はそのまま「ベッカムヘア」とも呼ばれた。

エビちゃん巻き 2004年頃からエビちゃんの、毛先をゆるく内側にカールさせた上品な巻き髪が人気となった。
モデルさんはロングヘアが主流になった。

盛り髪
ファッション雑誌『小悪魔ageha』が創刊した2006年頃からキャバクラ嬢やギャルを中心にボリューム感のある巻き髪が流行。

水嶋ヒロ風パーマ
2000年代後半は黒髪でミディアムくらいの長さにパーマをあて動きを出す髪型が流行。大人の色気のある男性のように見え女性からの人気が高かった。

バリアート
EXILEのATSUSHIさんの影響で坊主にバリアートと呼ばれる刈り込みを入れ、様々な模様を入れる髪型が流行。
その後坊主以外でもサイドだけ短くしバリアートを入れるスタイルが流行している。